「化粧水」の関連キーワード

化粧水

化粧水(けしょうすい)は、皮膚に水分、油分を与えて、滑らかにする液状の化粧品。その形状、目的などで名称が変化する。
元を辿ればでは名の通り「化粧に使う水」であり、日本に化粧水が浸透し始めた頃(江戸時代)は基礎化粧品としてではなく、メーキャップ化粧品の一つである化粧下地、白粉の溶き水として使われた。
当時浮世絵にも登場する程有名となった化粧水には、「花の露」「江戸小町水」などが挙げられる。
単に化粧水とも呼ぶ。潤いを与えて肌荒れを防ぐために、主に洗顔後の肌に使用する。80%程の水、10%程のアルコールに、グリセリンなどの保湿成分を数%、エマルション 乳化剤、香料、防腐剤などを配合したものが一般的。アルコールに敏感な肌の為、それを使用しないノンアルコール化粧水も普及している。

化粧水

基礎化粧品の一つ。

洗顔後の肌に水分を補うために使う。

関連キーワード:コスメ、化粧品

「化粧水」関連商品

「化粧水」関連書籍

「匂いの帝王」が5つ星で評価する!世界香水ガイド☆1437

Price: ¥ 1,890

香水好き必読の、光と影の「影の本」

先般、この本を買った。(以降「世〜」)
そして三年程前、「パヒュームレジェンド/世界名香物語」フレグランスジャーナル社刊という本も買っていた。(以降「パ〜」)

この二冊。「パ〜」が光の射す本なら、今回の「世〜」はその影のような本に感じる。何れにせよ、海外のこの手の本が翻訳され出版されるということは、それだけ日本人の香水への関心が強まってきたということだろうか。

まず「パ〜」は、その存在を知った時、思わず感嘆の声をあげてしまった。今となっては拝むことも出来ない数々の懐かしいビジュアル、世に送り出される前のストーリー(コンセプトとネーミング、香り、パッケージ)、香りの構成、と三っつの重要な要素が明記されており、フランスの名香を知りたい人には完璧な垂涎の書であるからだ。何より20世紀のグラン・ネの一人-エドモン・ルドニッカから序文が寄せられていることに重みを感じる。

対して「世〜」は、同じくその存在を知った時、意地の悪い笑みを浮かべてしまった。著者の独断と偏見で1437種の香水が評価されているわけだが、歯に衣を着せない文章で、ともすれば売上の妨害にもなりかねない。自分の好きな香水が散々に書かれている時はかなり気が滅入った。しかしよく読んでみると、こちらも世に送り出される前のストーリーが見え隠れしていて中々に面白い。日本未発売の香水に関しては、海外旅行での購入の際の参考にもなる。ただ著者との好みや感覚の違いも念頭に置いておくべきだ。いくら五つ星の香水であっても、自分にとっては我慢できない匂いのものもあるからだ。

されど、「パ〜」に挙げられた名香達の殆どは、「世〜」で五つ星か四つ星なのだ。やはり、この二冊は光と影なのだ。そして現在の香水が確実に劣悪化してきたのでは、という疑問も確信出来た。

香水好きの人は両方とも揃えて損のない、必読の書であろう。...More


デキる男は香りが違う! プロが教える香水120%活用術 (ソフトバンク新書 91) (ソフトバンク新書)

Price: ¥ 893

おすすめの男性向け香水入門書です。

非常に実用的で読みやすい香水入門書です。

ファッション関係の本は、著者のこだわりをくどくど語った本や、うんちく語りに偏りがちであったり、実用として書かれていても「正統派」「ヨーロッパの伝統」といった考え方の縛りが多く、敷居が高くなってしまう向きがありますが、本書はそうでなく、香水との付き合い方、活用の仕方に関する具体的なノウハウを簡潔にまとめてあるのがポイントです。ファッション雑誌でも香水の記事はありますが、「香水のいろは」を体系的に、とっつきやすい形でまとめた本は皆無なので(特に男性用は)、手元に一冊あるととても便利です。

また2章では、フゼア系、シプレ系など、代表的な香りの種類と、それぞれの種類で名香といわれる香水を紹介し、その特徴や香りからイメージされる男性像などが書かれていますが、自分や友人の性格と照らして読めば性格診断のように楽しく読めるし、各章の間にある「香水Q&A」も面白く、著者のサービス精神を感じます。

やはり最も秀逸なのは6章、7章にある、服装と香水のコーディネイト例をイラスト、写真付きで載せている箇所です。シチュエーション、職種、ファッションなど、TPOに分けた香水の提案は非常に具体的で、香水選びの参考になります。自分の好きなにおいはわかっても、服装のように、TPOで香水を選ぶような使い方をできていないので、この本があれば、香水選びもぐっと楽しくなると思います。...More


自然素材で手づくり!メイク&基礎化粧品―自然のめぐみをからだにもらおう

Price: ¥ 1,470

オリジナルの世界

ハンドメイドコスメはスキンケアから入り色物に関してはどうもこつがつかめないままでしたけど、この書を購入して色物作りがうんと広がりました!

一通り作れば基本的な事がわかるし、何よりもこんな物まで手作りできるの???と最初は」見てるだけで驚きました。

こういうカラーオンリーの書はなんとなく女子心くすぐられます。。...More


最新版 香水の教科書―愛されるための109のテキスト

Price: ¥ 1,470

わかりやすいっ!

まず思ったのが、「買うならこの本です。」ということ。
最近は、香水専門店に行っても無駄なセールス・トークばかりで、専門的な知識のかけらもない店員さんにしか会えません。
(少なくとも私は。他の人については知りません。)
それならいっそ、最初から誰にも何の期待も持たずに、自分で勉強すればいいじゃ〜ないですか!?
だって、ショップ側が勉強不足なら仕方ないでしょ。
な〜〜んて人にはおすすめですな!どうです?一冊、手に取ってみては......。...More


お肌と人生が変わる奇跡のスキンケア ―美の伝道師が伝える

Price: ¥ 1,260

私のお肌も変わりました。

リセラは本当に本物です。
私はお化粧品に対してあまり興味がなく、どこのお化粧品も同じだと思っていました。でも、リセラを知り、リセラを使用してお肌や人生が変わった方たちのお話しを聞いて、お化粧品に対するイメージが代わりました。
私自身もリセラを使って、お肌の変化を実感しています。色黒なところが気になっていましたが、白くなったねって言われます。やっぱりお肌のことを良く言ってもらえるとうれしいです。
もっともっとたくさんの人にリセラを使ってもらって、自分自身でお肌の変化を実感してもらいたいです。
リセラのすばらしさはこの本を読んで頂けたらわかります!!絶対に読むべき1冊です。...More


手作りの化粧水と美肌パック

Price: ¥ 1,050

お買い得

このお値段で、レシピの量も写真の量もたくさん載っていて、この本の厚さは絶対お買い得です!
フローラルウォーターの作り方や材料を購入できるお店の紹介も載っているのでお勧めです。
...More


女と男の香水選び完全FILE 2008年版 (2008) (インデックスムツク)

Price: ¥ 800

No Review


パルファム紀行~香りの源泉をもとめて

Price: ¥ 2,310

No Review


香水の教科書〈2〉スタイリッシュに楽しむ応用編

Price: ¥ 1,575

1はともかく…

2はいらなかったー定価で買って損した気分。
1の内容と重複する箇所も多く、しかもそんなに深く掘り下げている訳でもないし、思い出話が多すぎ。...More


香水ブランド物語

Price: ¥ 1,680

綺麗でしたが

同じ著者による、文庫「香水の本」を豪華にしたような感じで
発見を求める読者には物足りないかも、です。

というのも、
取り上げられている香水は殆んど80年代以前のものだから。
「物語」を書かせる程の人を惹き付けるパワーのある香水(ブランド)が
現在は、少ない、、、いうことのような気がして寂しいような。

...More


関連情報

ローション 特集
スキンケアアイテム、メークアップコスメをお探しの方はDHCオンラインショップへ!スキンケア化粧品で理想の美肌を実現するためのスキンケアのコツやメークアップ商品の使い方、化粧品の全成分、 ... フグコラーゲンが肌のハリをレベルアップする化粧水 ...
化粧水 - Wikipedia
... ビタミンC等を美白成分として配合するものは、漂白作用はなく、紫外線によるしみ、そばかす、日焼けを防ぐ作用により、日々使用することで一定期間経てば美白化粧水を使っていない場合と比べ肌が白く美しくなることを目指すものである。 ... 植物性化粧水 ...
リバイタリフト ローション<化粧水> | ロレアル パリ
リバイタリフトはしわとたるみの両方をケアする、世界が認めた化粧品です。 ... みずみずしくなめらかなテクスチャーが心地よい感触で包み込みます。 うるおいを長時間*キープして、肌をしっとりなめらかに整えます。 ...
ちふれ 美白化粧水の商品情報 - アットコスメ(@cosme)
ちふれ化粧品ちふれ 美白化粧水の商品情報です。 ... 「持続性ビタミンC誘導体」を配合し、日焼けによるメラニン生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ薬用美白化粧水。 ... 化粧水によってはすぐニキビや肌荒れが起こるんですが、 これは ...
基礎化粧品/化粧水のAlabar【アラバール】
水素水と保湿成分を配合した化粧水「アラバール」の製造、販売。BMBが運営。 ... 【保湿成分配合化粧水 - 水素水使用の基礎化粧品 - 化粧品などの基礎化粧品 - 基礎化粧品はアラバール - お気に入りに登録】 ...

Menu

今、検索されているキーワード


Copyright© 2008 ビタミンC誘導体と化粧品について, All rights reserved.